inexio(アイネクシオ)

私たちはネットワークから新しいアイデアを創出します

Squareインボイス(請求書)で支払いする

   

現在はAmazonやYahoo!ショッピング、楽天などを筆頭に(BASEもあるよね!)、いろいろなECシステムが利用できます。
そして独自サイトでも、簡単にクレジット決済を導入できるようになっていて、クレジット決済が主体の人にはとても便利になっていますね。
もはや銀行振込とか代引きとか、クレジット決済を導入していないECサイトは、その存在価値すら怪しいと思うほどです・・・いや、言い過ぎですけどね。

アイネクシオも生はちみつを販売させていただいてから、決済の方法などはいろいろ検討してみました。
イベントでの販売や電話やメールでのご注文が多いことから、当面はSquareをメインに利用することにしています。
Square

目次

Squareとは

Squareの人間じゃないからざっくりと説明すると・・・
従来は店舗などで支払いにクレジット決済を導入するには、イニシャルコストなどが意外とかかったりして敷居が高かったのが、Squareリーダーとアプリを導入することで、メチャクチャ敷居が低くなった・・・という感じです。
スマホもしくはタブレットと、Squareリーダーがあれば本当にすぐに利用できちゃいます。

Squareリーダーは4,980円ってことで、かなりリーズナブル。
リーズナブルって意味じゃ楽天スマートペイの端末もも同じようなもの(9,800円)だけど、Squareにはインボイスって機能があってこれが非常に便利だったりする。
楽天スマートペイ

Squareインボイス

クレジット決済するには、店頭に行くか、ECサイトから決済するかという選択肢だっただけど、せっかく電話やFAX、メールでご注文いただいたお客さんに『ECサイトから決済を・・・』なんてのは言い難いし、言っちゃダメだと思ったりします。

そこで役に立つのがSquareインボイス。
ご発注いただいた情報と請求書(Squareにリンクするボタン)をお客さんのメールアドレスに送信できる。
お客さんはそのボタンをクリックして、Squareの支払いサイトで決済する・・・というもの。

そんな便利なSquareの仕組みを利用しているけど、お客さんからお支払いの手順を説明してほしいというニーズがあったので、以下にまとめてみました。
また、以下のYouTubeではSquare Japanが説明をしています。
YouTube Square Japan

お支払い手順①(メール受信)

お支払い手順①(メール受信)

購入先の名前で、図の様なメールを受信します。
注文内容と金額を確認して問題がなかったら、メール上部にある【カードで支払う】をクリックします。
すると決済サイトが開くようになります。

Squareインボイスのメールはすべて以下のアドレスから送られてきます(2016/02/09 執筆時点)。
詐欺とかもあるかもしれないのでご注意くださいね。
invoicing@messaging.squareup.com

お支払い手順②(情報入力)

お支払い手順②(情報入力)

図のようなクレジットカード情報を入力する画面に遷移します。

ここでもやはり情報を確認して、問題が内容だったらページ上部の【¥●●●をカードで支払う】をクリックします。
ここにも説明がありますが、Visa、MasterCard、American Expressの利用が可能なようです(2016/02/09 執筆時点)。

お支払い手順③(決済完了)

お支払い手順③(決済完了)

図の画面が表示されたら決済完了です。
以下の手順④のようなメールが届いているはずです。

お支払い手順④(決済完了メール受信)

お支払い手順④(決済完了メール受信)

手順③が完了すると、図のようなメールが送られてきます。
これで決済は完了です。支払いも非常に簡単ですよね。

万が一、支払い完了の旨が記載されているメールが送られてこなかったら、まずは迷惑メールフォルダをみて、それでも存在しなかったらガンガンお問い合わせしときましょう

まとめ

商品を販売する方も、商品を購入する方も、本当に楽に決済が終われます。
Squareは初期費用も含めて、メチャクチャ簡単に導入ができ、本当に便利だと感じています。
楽天スマートペイでもSquareインボイスのような機能があれば、ぜひ導入の検討をしたいんだけどなー。

 - Webサービス, はちみつ ,