inexio(アイネクシオ)

私たちはネットワークから新しいアイデアを創出します

最強トラックボールマウス ELECOM M-XT1DRBK

   

IT機器に関してはかなり揺れている。
いつも触れている機器だからこそ、最強なものにしたいと考えているわけで。
マウスが原因で肩こりが酷くなってきていると思い込んでいるため、トラックパッド付きのキーボードを使ってみたり、フィンガーマウスを使ってみたり・・・。

マウスはトラックボールで決まり

それでもやっぱりトラックボールマウスに帰ってくるわけね。
トラックボールマウスを使うと、普通のマウスの使い方を忘れてしまうわ。

愛用しているトラックボールマウスの「M570」は一番好きなんだけど、事務所と自宅を持ち歩くのは非常に面倒。
そこでもう一台トラックボールマウスを購入しようと考えた。
前から気になっていたエレコムの「M-XT1DRBK を購入した。
「M570」に比べて半額以下と安いし、なんとなく浮気してみたかったりしたし。

とにかく使える「減速スイッチ」

減速スイッチ

トラックボールマウスでよく感じたのは「カーソルが微妙な位置に移動できない」だ。イラストレーターやフォトショップで加工するのはかなり辛く感じた(もうある程度慣れたけどね)。

そこで便利だと思ったのが「減速スイッチ」機能だ。
マジで最強だと感じた。

ボタンは薬指に当たる(写真の赤い丸)部分で、ちょっと力が入れにくいけど、慣れればまったく問題なし。
押しながらボールを転がすことで、非常にゆっくりと移動してくれる。
いきなり「M570」を超えた気がするぜ。

以外と重宝する「左右スクロール」

そして便利だと感じたもう一つが、左右スクロール機能。
センターのホイールは前後するだけではなく、左右にも動くから、Excelとかの表グラフも簡単に展開できる。
横に長い資料などを見るときに、これまた非常に便利に感じた。

「M-XT1DRBK」をメインのマウスにした

今まで使ったトラックボール

今まで使ったことがあるマウスは画像のとおり。
写真の右側から「ケンジントン Trackball 72352JP」、「LOGICOOL M570」、「ELECOM M-XT1DRBK」だ。
圧倒的なパフォーマンスで「ELECOM M-XT1DRBK」が最強だと思った。
これからよろしく!

そして「M570」、今までありがとう(自宅で使うけど)!

 - 機器, 開発環境